目の紫外線対策について紹介

二酸化炭素の影響によるオゾン層の破壊。この影響によって年々、紫外線はその強さを増しています。肌の日焼けは意識する人が多いのですが、目の紫外線対策も意識することが大切です。

あまり知られていないのですが目は紫外線によって日焼けもしますし、紫外線による目のトラブルや最悪は目の病気にかかる可能性もあるのです。

そこで当サイト「目の紫外線対策ガイド」では、目から紫外線を守る為の方法を中心に、紫外線やサングラスについて解説しています。

紫外線が招く目のトラブルと病気

目のトラブルは日差しの強い夏場はもちろん、冬でも雪に跳ね返された日差しによる紫外線トラブルがあちます。主な紫外線トラブルとして、”慢性的な充血、視界のぼやけ、視力低下”などの可能性があるのです。

更に紫外線は目の病気を引き起こす可能性もあるのです。代表的な紫外線による目の病気が、“翼状片・白内障・瞼裂斑(けんれつはん)”です。

病名 症状
翼状片 黒目に翼が付いているように見える見える症状の病気
白内障 目の中で外界の景色を透過させる水晶体が白く濁ってしまう病気
瞼裂斑 白目の部分がシミのように黄色く濁ったうえで盛りあがってしまう病気

このように紫外線は目のトラブルや病気を招く恐れがあるので、目に対しての注意は必要と考えられるのです。

紫外線対策にはサングラスを!

紫外線対策で最も優れているのがサングラスです。日本ではファッションとして使用する傾向がとても強いので、ファッションついでに目の保護を意識してみるのもいいでしょう。

サングラスといっても普通のサングラスでは意味がありません。UVカット機能のついたサングラスを選ぶことが重要です。よくレンズの色が濃ければ紫外線をカットしていると勘違いしている場合があるのですが、色合いが濃ければ紫外線をカットできるという訳ではありません。UV表記のあるレンズのサングラスを選ぶようにしましょう。

レンズは無色(クリアーレンズ)タイプのものもあるので、伊達眼鏡感覚で普段の生活に取り入れることもできるので、時と場所によって併せてそうした商品を選択するのも良いですね。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved