Home > 紫外線透過率とは

サングラスの紫外線透過率とは

一口にサングラスといっても様々な物があり、品揃えが多い店や専門店などに向かうと紫外線透過率が異なるレンズを数多く取り揃えています。

この紫外線透過率とは、レンズに光を通した際に紫外線がどれくらいの割合で透過するのかを数値的に表したものとなります。

レンズを通す前の紫外線量を100として数えていますので、この数値が低ければ低いほどより多くの紫外線をカットできるレンズだといえます。

具体的に例を挙げれば、“透過率0.1%”と商品タグに記載されているレンズであれば99.9%の紫外線をカットすると読み取ることができます。

私たちの感覚で言えば、サングラスはレンズの色が濃ければ濃いほど周囲が暗く見えますので紫外線もまた減少しているようにも思えますが、実際には色の濃さと紫外線量は比例していません。

UVカット機能を持たせたレンズは透明な物も存在しますので、色で判断するのではなく紫外線透過率をみてどの商品が良い判断するというのが正しい選び方だといえます。

またこの機能の数字での表し方は別な表記でされることもあり、「UV400カット」という表し方になっている場合もあります。

これは少々専門的なことなのですが、太陽から放出されている光で目で見える範囲の可視光線は400〜800nmまでの波長となっていますが、400nm以下の光は紫外線に分類されており、「UV400カット」という表記の場合は400nm以下のサングラスの場合は3種類あるすべての紫外線に対して有効であることを意味しています。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved