Home > サングラスの選び方

紫外線対策用のサングラスの選び方

最近では夏場にサングラスを掛ける方も増えており、とりわけ女性の場合は紫外線対策用のグラスを着用している場合が多くあります。

夏場の天気予報では紫外線予報を出しているほど紫外線量が一段と増えてきていますのでUV対策は非常に大切だといえますね。

ただ紫外線対策用のサングラスというのは様々種類があるもので、その中でどのような選び方をすればよいのでしょうか。

まず選ぶ際に重要なポイントとなってくるのはUVカット機能があるかという点です。色合いが濃ければ紫外線はカットされるという訳ではありませんので、機能として備わっていることが明示されているレンズを選びましょう。

この機能は数値として記載されていますので、0.1以下など透過率の値が低いレンズにすれば、それだけ高いUVカット機能が期待できます。

続いて選び方として大切なのはレンズの面積です。紫外線はレンズ越しに正面から入ってくるばかりでなく上下左右の隙間からも目に入ってきますので、この隙間をできるだけ生めるレンズの面積が広い物を選ぶと良いでしょう。

またスポーツタイプの場合はレンズになだらかなカーブを付けて目を覆うようにした物もありますので、こうした商品でも高い効果が期待できますね。

なお、サングラスは国内において装着することはあまり一般的ではありませんね。TPOがより厳しい日本では仕事の時や人と会う際には着用を控える傾向もあります。

しかし紫外線対策用のレンズには無色の物もラインアップされていますので、時と場所に併せてそうした商品を選択するのも良い選び方でしょう。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved