Home > 目を紫外線から守る方法

紫外線から目を守れ!目の紫外線対策

日差しの強い日の外出は、肌のUV対策をしっかり行うだけでなく、目もまたしっかりと対策を行わなければいけません。

では紫外線から目を守るためにはどのような方法をとればよいのでしょうか。

まず方法として挙げられるのは、太陽から直射される光を物理的にカットする方法で、日傘を差したり帽子をかぶるなどすると非常に高い効果が期待できます。

最近の日傘は単に布を張っただけではなく、透過しやすい紫外線をしっかり防ぐことができる機能もありますので、目だけでなく体の大部分を直射日光から守ることができます。

帽子もつばがあることから目だけでなく頭部全体をカバーして直射日光を防ぐことができます。

通常の形状の帽子でもしっかりとした効果がありますが、UV対策に特化してつばを広く取り顔全体を隠せるような物も販売されています。夏場にはそうした帽子を着用して自転車に乗っている主婦の姿もよく見かけます。

また外出時だけでなくご自宅にいる時や自動車に乗る際にも、窓を通して外から入ってくる日差しにも注意が必要となりますね。

この場合は窓ガラスをUVカット仕様の物に取り替えたり、UVカット透明シートを後付でガラスに貼り付けることでも大きな効果を得ることができます。

これらの紫外線対策の方法は、どれか一つ講じるだけでも良いのですが、複数の対策を組み合わせることでより高い効果を期待することができます。ご自信の生活パターンや居住スペースなどを勘案して複合的に守りを固めていきましょう。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved