Home > 目の日焼けとは?

目も日焼けをする!目の日焼け症状と対策

紫外線を浴びることで肌に日焼けが生じると、先々まで残る深刻なダメージを与えることはよく知られていますが、肌以外の場所にもダメージを与えていることはあまり知られていません。

とりわけ目の日焼けについては、それをカバーする以前にそうした現象が起こるということも知らないという方が多いかと思います。

目は肌と違い面積はだいぶ狭いのですが、それでも平方cmあたりの照射量は他の部位と同等になります。

夏場の日差しが強い時期に帽子やサングラスなどを着用せずに屋外にいると、目が充血したり疲れを感じるなどの異変が生じることがありますが、これらはすべて目の中の角膜が紫外線により目の日焼けが生じ、内部で炎症を起こした結果なのです。

よく海外では外国人の方がサングラスを着用していますが、あれはファッション性というよりは目を保護し炎症を防ぐという目的のために着用しているものとなります。

とりわけ白人の方は瞳の色が薄く紫外線により強い影響を受けてしまうことから、サングラスの着用率が非常に高くなってくるのですね。

一方日本ではアジア人特有の瞳の色が強いことから、日常生活においてはあまり紫外線による悪影響を感じることはなく、サングラスで目を保護するという習慣はありません。

しかし近年では紫外線をカットするオゾン層が一段と薄くなりオゾンホールも拡大していますから、日本人でも目の日焼けを防ぐというのは待ったなしで求められている自衛策だといえます。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved