Home > 紫外線が引き起こす目のトラブル

紫外線が引き起こす目のトラブルとは?

最近では日差しが強い時期になると目を守ろうと様々な対策をされる方が増えてきました。

これは紫外線により引き起こされる目のトラブルが年々多発するようになり、目の違和感を感じる方が増えているという所に大きな原因があります。

また夏場だけでなく、冬の登山やスキー場などでも白い雪に跳ね返された日差しが目に入りやすく、古くから雪山でも紫外線により引き起こされる目のトラブルの存在はよく知られています。

では具体的にはどういったトラブルがあるのでしょうか。

強い日差しを受け続けた目は、肌のように黒くなるということは無いのですが、“目が充血する充血、痛み、光がまぶしい”といった問題が起こります。

海水浴場などに1日程度遊びに行くなどして違和感が生じた場合は、目に受ける悪影響もそれほど強くはありませんので、翌日に目を休めたり目薬を点眼するなどの処置ですぐに落ち着きます。

しかしスキー場などに数日間に渡り遊びに行ったり、夏場に毎日のように仕事で外回りをする方の場合は、目が落ち着くまもなくまた多量の紫外線を浴びることになりますね。

目を落ち着かせることができなければ、慢性的な充血や組織の異変、周囲がぼやけて見えたり視力が低下するなど、より被害の程度が深刻になってきます。

いきなり失明という最悪な事態を迎えることは無いにしても、しっかり対策を講じていなければトラブルの範囲を飛び越えて、重篤な疾患などを引き起こしてしまう可能性もあります。

Copyright © 目の紫外線対策ガイド All rights reserved